トップページに戻る

前作との違い

タイトル

内容

属性の効果 猛将伝では属性の効果が微妙に変わっている。

紅蓮
敵の加護によってダメージを軽減されない。
凍牙
発動率が前作に比べて減り敵も加護を持っているので、大幅に弱体化した。
夜叉
前作に比べて回復量が上がり、範囲の広い攻撃(馬の踏み込みなど)
との相性が良い。
秀吉の声 本当にわずかな違いですが、猛将伝の秀吉の声は前作の秀吉の声と比べ、
さびしさのようなものが感じられる声に変わっています。

死亡時の声を聞くとよくわかります。

前作はただのサル、猛将伝ではサルのような動きの人間、
と言ったところでしょうか。
非常にわかりづらい表現ですね…。(^^;)
濃姫が使いやすく 前作の濃姫は城内戦で床がぬけるトラップを踏むと、
ガクン!と一瞬動けなくなっていましたが、
今作ではそれが改正されて普通の武将と同じように
トラップを通ることができるようになっています。
五右衛門の大砲の弾 戦国無双では無双、チャージ1、3の時に使っている大砲の玉が繋がっているが、猛将伝ではその玉が単発(無駄な線がなくなった)に。
伊達政宗のチャージ4 伊達政宗のチャージ4、最後の龍を出して周りを一掃する技は、
戦国無双では無双ゲージがたまらなかったが、
猛将伝ではたまるようになっている。
勝利時のBGM ステージクリア時、仕合勝利時のBGMの楽器が変わっている。
裏技ができなくなった 戦国無双の信長の桶狭間でできた、
他のキャラのレベル5武器をとる裏技が、
猛将伝では出来なくなっている。
伊達正宗が使いやすく 今作伊達正宗がやや使いやすくなりました。
まず、C1(ビームを3発放つ技)で無双ケージを溜める事が可能になりました。
前作までC1を放っても無双ケージが溜まらず集団戦でかなり苦労しました。
今回はC1を連発するだけで溜めれるので集団戦がかなり楽になりました。
又、他のチャージ攻撃の空中判定になるポイントが少し減りました
前作は空中判定になるポイントが多く一発攻撃されるたびに浮いてしまい集団戦がかなり難しかったんですが、今作はやや空中判定になるポイントが少なくなり前作ほど攻撃されても浮かなくなりました。
詳しく探してないのでわかりませんが他のキャラも改善されている攻撃があるかもしれません。(逆に悪くなったという説もあるようです)
アルゴ・バランスの強化 猛将伝では敵武将が無双通常攻撃(○ボタン入力後の通常攻撃)と
無双奥義(○ボタン押しっぱなし)を使い分けてきます。
またこちらがガードしても積極的に背後を取って攻撃してきます。
間接攻撃視点にしておけば、敵武将(一般兵は除く)からの攻撃は
何故か受けずにすみましたが、猛将伝では普通に喰らいます。
敵武将からの攻撃に関しても、こちらがガードに入ると、
受け返し攻撃を警戒してか、しきりにうろつき始め、
中々攻撃してこない時があります。中々ガードが固くしたたかになってます。
半蔵役目はたしたのに
退却しない
くのいちの章上田城救出戦で、真田が負傷負ったのに、
猛将伝では倒さないと半蔵は退却しない。
大阪夏の陣 真田の章大阪夏の陣で、開始すぐに門に到着しても、台詞が終わるまで門があくのを待たなくてはならなかったが、猛将伝では近づくとすぐ門が開く。
城内戦ででてくる木の柵が下から出てくるほうの罠の出現スピードがアップ。
これにより、木の柵を壊さないで越えようとすると吹き飛ばされることが。
呂布登場時のセリフ 戦国無双の無限城の30階では、「俺は呂布、字は奉先」といいますが、猛将伝は、「俺に一人で挑んでくるとは、貴様馬鹿か」といってくる。
味方武将が討死した時 味方武将が討死した時死に場所が史実と一致していれば、武将の説明のような短いメッセージが出ます。「~~な死だったとの事!」(例)
登場の仕方 前作では、武将の登場が声だけだったのですが、猛将伝では、○○軍○○○○と軍名と武将名がでてくるようになりました!
武将達は、ポーズとセリフを同時に、登場します。
カタカナは御法度? 前作では2Pは「プレイヤー2」と表示されていましたが、猛将伝では「もののふ弐」となっています。カタカナでは違和感がある、と言うクレームでもあったのでしょうかね?
突忍の張り手 猛将伝では…
突忍の張り手の移動距離が短い。
技能の習得可能パラメータが違う(より高いパラメータが必要)。
ラッキーキャラ 猛将伝ではラッキーキャラは青のカーソルではなく緑のカーソルで表示される。
罠について 床から槍が出てくる罠は前作では緊急回避で避けられたが、猛将伝では避けられなくなっている。
くのいちのチャージ攻撃について 前作ではくのいちのチャージ4-Fの攻撃は、クナイを投げている間、方向を変えることができたが、今作では正面にしか投げられないので注意が必要。これによりかなり使い勝手が悪くなった。しかし、クナイを投げるまでは今まで通り方向転換可能。
変化したワナ 城内戦で出てくる囲いの罠は猛将伝では爆弾が落ちてくる。
ヒゲをはやして再登場 義元は、戦国無双だとヒゲが無かったが、猛将伝だと生えてる。
馬の見つけ方 松風鞍などの馬を装備してステージ開始して馬から降りると、馬の現在地が表示されますよね?前作の表示は位置がアバウトでしたが今回はかなり正確になってます。
お得感! 無双奥義終了時の最後の衝撃波。
前作ではその衝撃波で敵を倒しても無双奥義撃破数になりませんでしたが、今回は衝撃波で倒してもバッチリ追加されてます。
くのいちのステージ4について 前作戦国無双ではくのいちのステージ4は最後に幸村を守るMissonがあって、Missonに失敗しても戦闘自体は勝利になりました。しかし今作猛将伝は幸村の体力がへった後、戦闘終了にはならず、「至急幸村を救出せよ」というメッセージがでて、そのまま幸村を助けず、幸村が死ぬとMisson失敗ではなく、戦闘自体が敗北になります。みなさんも武器集めに活用するステージだったと思いますが、今作は一筋縄にはいかなそうです。
バグの修正 猛将伝では第五武器の条件を他のキャラで満たしてGETすることができなくなった。